越後湯沢 (東口)

観光客の目的とするものは恐らく反対側の西口にある。

宿泊施設が東口側にない限り、観光客はこっちには下りないのではないだろうか。


東口は、どちらかと言うと地元民の出口と思う。
勿論、西側にも住宅はそれなりにある。

東側はひっそりとした雰囲気で、時間の流れも緩やかに感じた。

個人的には結構好きな感じ。
公民館やショッピングセンター、病院や郵便局はこちら側にある。


画像

  越後湯沢駅 (東口)

  観光客は西側と違って少ない。



画像

  バスロータリー

  バス停だけがドカンとそのまま置かれていたりする。

  バスの本数は少ない。



尚、タクシーは西口に多く集まっている。


中央商店街

東口の真ん中を走る、東口一番の通り。
商店街の中に温泉もあったが、名前をメモしてなかったので、今回は紹介できない。

画像画像



真っ直ぐ進むと、三国街道とも交わる。関越自動車道もこちら。


画像

  県道351号線

  越後湯沢の駅方向(駅からはチョイ離れている)

  中央商店街と真ん中ら辺で十字にクロスする通り。




越後湯沢の東側にそびえる山々

大字神立より

画像画像




ここを訪れたのは、夏休みの頃。
そうでなければ、なかなかこんなトコには行けない。

稲も、その時期を表している。

画像画像



湯沢町役場

画像画像



温泉施設の"ゆ"ではなく、湯沢の"ゆ" 。

誰もが分かることだろうが、"ゆ"と書かれると温泉のようにも思えてしまう。


さて、前回の西口でも書いたが、
この時は、越後湯沢を目的に訪れたのではない。

ここから土樽という場所に行かねばならないのだ。
(自分だけ)歩いてみたいと言って、後着を受け入れてもらった経緯がある。
それなりの距離があるので、あまりここでノンビリしていると、時間がなくなってしまうわけだ。

ここでノンビリして、途中からバスでも乗るかとも考えたが、丁度良いバスがない。
(1本大分後にあったかな…?)


続きはまた今度。

前回の越後湯沢西口へはこちらから。


説明下手な自分を救ってくれるべくマップのご登場。
中央通りと351号線のクロスロードにチェックメイトしてあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月09日 16:21
こんにちは。
こちらの東口のほうが、ほっとする雰囲気があります。それにしても、二枚並んだ山の写真が、見事にドンピシャリですね。
2009年06月10日 23:17
こんばんは。コメントの返信をしたハズなのに消えていますね…。
この写真を写した頃は、ただ撮る事しか考えていませんでしたが、偶然の賜物と言うやつでしょうか。
でも微妙に右の方が低くなってしまってました。

この記事へのトラックバック